050-5578-9752
受付時間
平日 9:00~17:30
定休日
土曜、日曜、祝日

相続・遺言に関する記事一覧

  1. 中日綜合法律事務所(弁護士 熊谷 考人) >
  2. 相続・遺言に関する記事一覧

相続・遺言に関する基礎知識や事例

相続・遺言とは、一生に一回は誰もが経験するともいわれる身近な問題です。

しかし、身近な問題であるにもかかわらず、いざ相続・遺言の問題が発生してしまうと、

亡き父は不動産を複数持っていたみたいだけど、何から手を付ければいいのか分からない・・・
遺言を作成する場合には何を用意するべきなのか分からない・・・

など、分からないことだらけで多くの方が戸惑ってしまいます。

そこで、当職は、終活の一環としての遺言業務や成年後見業務から、相続まで一括してサポートさせていただくことで、皆様のさまざまなお悩みをスムーズに解決させていただくとともに、司法書士や税理士などには依頼することができない遺留分減殺請求や相続分の請求などにも、柔軟に対応いたします。

愛知県・三重県・岐阜県を中心にさまざまな相続・遺言に関する問題を初回相談無料で承っておりますので、相続・遺言でお困りの際はお気軽に「弁護士 熊谷考人」までご相談ください。
  • 遺産相続遺産相続

    遺産相続は突然やってきます。 もし近い親族の方が亡くなり、あなたが相続人となった場合、その方が亡くなられた瞬間にあなたが相続していくことになります。 相続には、いくつか期限のある手続きがあり...

  • 遺産相続の期限遺産相続の期限

    相続は、被相続人の死亡によって、自動的に開始します。 よって、遺産相続をすることそのものには、特に手続が必要なわけではありません。 しかし、不利な相続を防ぐ手続や、相続によって生じた税金につい...

  • 相続手続きの全体の流れ相続手続きの全体の流れ

    相続は、死亡によって自動的に開始します。 もっとも、自動的というのは、相続人の相続する意思の有無に関わらず相続が行われるということであり、相続に付随する手続きは多くあります。 ①死亡届 「相続...

  • 遺産分割遺産分割

    相続人が複数がいる共同相続では、被相続人の死亡によって相続開始するとともに相続財産は共同相続人の共有に属します。(898条) 遺産分割は、被相続人の死亡によって発生したことの暫定的な共有状態を...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議とは、遺産分割を協議によって行うことをいいます。 遺産分割協議は、共同相続人全員の合意によって成立します。 よって、相続人の一部の者を除外してなされた協議は原則として無効であり、再...

  • 法定相続人法定相続人

    もし、被相続人が遺言等を残していなかった場合、民法の方法(第5編相続 第2章相続人)に従って一定の近親者が相続財産を相続することができます。この相続できる近親者を法定相続人といいます。 法定相...

  • 遺留分遺留分

    人は、本来自分の財産を自由に処分する権利を有しています。よって、基本的には亡くなった被相続人は、生前の自分の意思(=遺言)によって、財産を自由に処分することが出来ます。 しかし、遺言制度には、...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、相続人の相続による権利義務の承認を生じさせない旨の意思表示をいいます。 民法は、相続は死亡によって開始する(民法882条)と定められています。つまり、被相続人は相続人が死亡するこ...

  • 相続限定承認相続限定承認

    相続限定承認とは、「相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をする」(民法922条)意思表示のことをいいます。 つまり、相続す...

  • 遺言書遺言書

    遺言とは、自己の死後に一定の効果が発生することを意図して、その意思を一定の方式の下で表示したものをいいます。 遺言は、遺産分割の方法の指定(民法908条)等、相続人等に重大な影響を及ぼすものが...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、被相続人の子が相続開始以前に相続できなくなった一定の場合、その者の子(=被相続人の孫)が代わりに相続することをいいます。(民法887条2項) この一定の場合、すなわち代襲相続が認...

  • 成年後見成年後見

    成年者は、未成年者ではないため、未成年者を保護するための制度は適用されません。(民法4条) もっとも、成年者といえども知的能力が充分でないために保護を必要としている者がいます。そこで、民法は、そ...

  • 遺留分減殺請求遺留分減殺請求

    遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)とは、「遺留分」を侵害されている相続人(兄弟姉妹を除く)が、「遺留分」を侵害している相続人等に対して、その侵害している分の返還を求めることをいいます。そして、「...

  • 相続法改正で何がいつから施行か相続法改正で何がいつから施行か

    相続は、言うまでもなく私達にとって大変重要なものです。 その相続に関する民法の規定が、2018年7月に改正されたことをご存知でしょうか。 今回の相続法改定はおよそ40年ぶりの大改訂なのですが、「...

  • 配偶者の居住権~相続法改正基礎知識~配偶者の居住権~相続法改正基礎知識~

    今回の相続税改正におけるもう一つの重要なポイントは、2020年4月1日より新設される「配偶者居住権」です。 従来の制度においては、配偶者が居住していた建物を取得する場合、住宅の価値を金銭的価値...

中日綜合法律事務所(弁護士 熊谷 考人)が提供する基礎知識

  • 任意後見契約

    任意後見契約

    ■任意後見とは 任意後見制度とは、将来自分の判断能力が不十分になったときに備えて、任意後見人を契約によ...

  • 遺産相続の期限

    遺産相続の期限

    相続は、被相続人の死亡によって、自動的に開始します。 よって、遺産相続をすることそのものには、特に手続...

  • コンプライアンス・危機管理

    コンプライアンス・危機管理

    企業の不祥事や情報漏えいなど、ビジネスにおいては予想ができないような問題が発生する可能性があります。 ...

  • 相続手続きの全体の流れ

    相続手続きの全体の流れ

    相続は、死亡によって自動的に開始します。 もっとも、自動的というのは、相続人の相続する意思の有無に関わ...

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求

    遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)とは、「遺留分」を侵害されている相続人(兄弟姉妹を除く)が、「遺留分...

  • 成年後見

    成年後見

    成年者は、未成年者ではないため、未成年者を保護するための制度は適用されません。(民法4条) もっとも、...

  • クレーマーとは

    クレーマーとは

    クレーマーとは、商品やサービス、従業員の接客態度などについて、苦情や改善要求等を申し立てる人のことをい...

  • 財産管理契約

    財産管理契約

    財産管理委任契約とは、自身の財産管理やそれ以外の生活上の事務について、代理人に権限を委任する契約のこと...

  • 配偶者の居住権~相続法改正基礎知識~

    配偶者の居住権~相続法...

    今回の相続税改正におけるもう一つの重要なポイントは、2020年4月1日より新設される「配偶者居住権」で...

よく検索されるキーワード

ページトップへ