050-5578-9752
受付時間
平日 9:00~17:30
定休日
土曜、日曜、祝日

財産管理に関する記事一覧

  1. 中日綜合法律事務所(弁護士 熊谷 考人) >
  2. 財産管理に関する記事一覧

財産管理に関する基礎知識や事例

財産管理とは、本人に代わって、その代理人が本人の財産の管理に関する法律行為の一部を行うことをいいます。

例えば、以下のような場合に財産管理を子どもや親族などの代理人に依頼することになります。

・足腰が不自由になったため、銀行などでお金の管理をすることが難しくなった。
・将来に備えて今のうちから子どもに財産の管理を任せておきたい。

財産管理契約では、成年後見制度のように判断能力が衰えてからさまざまな面倒を見てもらうのではなく、判断能力があるうちから身の回りの財産の面倒を見てもらうことができます。ただし、お金に関する契約なので、弁護士などの専門家に依頼したうえで、公正証書などの形式で契約書を作成しておくことが必須となります。

当職は、愛知県・三重県・岐阜県を中心に財産管理や成年後見に関する問題を初回相談無料で承っておりますので、お困りの際はお気軽に「弁護士 熊谷考人」までご相談ください。
  • 財産管理について(高齢者・会社代表者・不動産オーナー)財産管理について(高齢者・会社代表者・不動産オーナー)

    ■財産管理とは 財産管理とは、本人に代わって、その代理人が本人の財産の管理に関する法律行為の一部を行うことをいいます。こうした財産管理は後見制度や財産管理委任契約を基礎として成り立っています。後...

  • 顧問契約(ホームロイヤー契約)顧問契約(ホームロイヤー契約)

    ■ホームロイヤーとは ホームロイヤーとは、個人または家族の顧問弁護士のことを指し、いわば「かかりつけの弁護士」のような存在のことをいいます。問題が起こるたびに毎回弁護士に依頼しする場合と違って、...

  • 財産管理契約財産管理契約

    財産管理委任契約とは、自身の財産管理やそれ以外の生活上の事務について、代理人に権限を委任する契約のことをいいます。民法上の委任契約に基づいて代理人とその権限を決定しさえすれば利用することができま...

  • 任意後見契約任意後見契約

    ■任意後見とは 任意後見制度とは、将来自分の判断能力が不十分になったときに備えて、任意後見人を契約によって定めておく制度です。任意後見人とは、本人に代わって法律行為を行う人を指します。また、権限...

  • 成年後見制度成年後見制度

    ■成年後見制度とは 法定後見制度とは、十分な判断能力のない人の行為能力(法律行為を行う能力)を一部制限し、法律で定められた特定の人に権限を与えることで本人を危険から守る制度です。このように、法律...

  • 遺言遺言

    ■遺言の種類 遺言とは、自身の死後に備えて、相続の方法などの事柄をあらかじめ決定し、遺言書の作成により意思表示を行っておくことを言います。遺言書は決められた形式に沿って作成しないと法的効果のない...

  • 死後事務委任契約死後事務委任契約

    ■死後事務委任契約とは 死後事務委任契約は、自分の死後に発生する葬儀・埋葬などの事務の内容を、特定の人に代理してもらえるよう委任しておく契約のことを指します。民法の委任契約に基づいて締結すればよ...

  • 事業承継事業承継

    ■事業承継の方法 事業承継とは、読んで字のごとく、会社の経営を後継者へと承継することをいいます。ここでは、その方法について、いくつかの方法をご説明します。 ・遺産として相続させる方法 自分の子...

  • 財産管理を弁護士に依頼するメリット財産管理を弁護士に依頼するメリット

    ■財産管理とは 財産管理とは、本人に代わって、その代理人が本人の財産の管理に関する法律行為の一部を行うことをいいます。こうした財産管理は後見制度や財産管理委任契約を基礎として成り立っています。後...

  • ホームロイヤー契約書ホームロイヤー契約書

    ホームロイヤーは、家庭内や日常生活で起こる様々な法律トラブルについて、いつでも気軽に相談できる顧問弁護士です。「かかりつけ医」という言葉があるように、ホームロイヤーは「かかりつけ弁護士」としての...

  • mboとebomboとebo

    MBOとEBOという言葉を聞いたことがありますか。 MBO(Management Buy-Out)とは、会社の経営陣による会社買収のことをいい、EBO(Employee Buy-Out)とは、...

中日綜合法律事務所(弁護士 熊谷 考人)が提供する基礎知識

  • 法定相続人

    法定相続人

    もし、被相続人が遺言等を残していなかった場合、民法の方法(第5編相続 第2章相続人)に従って一定の近親...

  • コンプライアンス・危機管理

    コンプライアンス・危機管理

    企業の不祥事や情報漏えいなど、ビジネスにおいては予想ができないような問題が発生する可能性があります。 ...

  • 遺産相続

    遺産相続

    遺産相続は突然やってきます。 もし近い親族の方が亡くなり、あなたが相続人となった場合、その方が亡くな...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、被相続人の子が相続開始以前に相続できなくなった一定の場合、その者の子(=被相続人の孫)が...

  • 争訟

    争訟

    争訟とは、法的手段を用いることで紛争を解決する手段のことです。 具体的には訴訟を行い、裁判で争うことを...

  • 相続限定承認

    相続限定承認

    相続限定承認とは、「相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべき...

  • 財産管理契約

    財産管理契約

    財産管理委任契約とは、自身の財産管理やそれ以外の生活上の事務について、代理人に権限を委任する契約のこと...

  • 成年後見制度

    成年後見制度

    ■成年後見制度とは 法定後見制度とは、十分な判断能力のない人の行為能力(法律行為を行う能力)を一部制限...

  • 配偶者の居住権~相続法改正基礎知識~

    配偶者の居住権~相続法...

    今回の相続税改正におけるもう一つの重要なポイントは、2020年4月1日より新設される「配偶者居住権」で...

よく検索されるキーワード

ページトップへ