050-5578-9752
受付時間
平日 9:00~17:30
定休日
土曜、日曜、祝日

事業承継

  1. 中日綜合法律事務所(弁護士 熊谷 考人) >
  2. 財産管理に関する記事一覧 >
  3. 事業承継

事業承継

■事業承継の方法
事業承継とは、読んで字のごとく、会社の経営を後継者へと承継することをいいます。ここでは、その方法について、いくつかの方法をご説明します。

・遺産として相続させる方法
自分の子などを後継者にする場合、会社を遺産として相続させる方法があります。相続人が後継者の1人のみの場合は、特に遺言がなくとも相続させることができます。後継者以外の相続人がいる場合は、遺言によって会社を相続させる旨の意思表示をしておく必要があります。しかし、ここで問題となるのが、「遺留分減殺請求権」です。

遺留分減殺請求権とは、法律で定められた「遺留分」の割合ほど相続できなかった場合に、「遺留分」に相当する財産を相続させるよう請求する権利です。この対策としては、後継者以外の相続人に「相続放棄」の手続きを行ってもらうこと、もしくは、「中小企業における経営の円滑化に関する法律」を活用することが考えられます。

・株式制度を利用する方法
株式会社の場合、株式を後継者に保有することによる方法もあります。承継が行いやすいようにあらかじめ定款を変更したうえで、株式を後継者に譲渡することにより、会社を承継させるのです。株式が分散している場合には、株主から譲渡を受けて集中させておくとより確実に承継を行うことができます。

・事業自体を譲渡する方法(M&A)
事業承継をする場合、事業それ自体を譲渡する方法(M&A)によって事業承継を図るという場合もあります。適切な後継者がいない場合には特に、第三者への事業譲渡による事業承継が必要になるでしょう。

M&Aには、会社合併や株式交換などの手続を利用する「スキーム」もあります。しかし実際に中小企業の事業承継を行う場合は、株式の全部譲渡によるM&Aを利用する場合が多いでしょう。

中日綜合法律事務所(弁護士 熊谷 考人)が提供する基礎知識

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求

    遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)とは、「遺留分」を侵害されている相続人(兄弟姉妹を除く)が、「遺留分...

  • 成年後見

    成年後見

    成年者は、未成年者ではないため、未成年者を保護するための制度は適用されません。(民法4条) もっとも、...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言とは、自己の死後に一定の効果が発生することを意図して、その意思を一定の方式の下で表示したものをいい...

  • 配偶者の居住権~相続法改正基礎知識~

    配偶者の居住権~相続法...

    今回の相続税改正におけるもう一つの重要なポイントは、2020年4月1日より新設される「配偶者居住権」で...

  • 企業法務(顧問)について

    企業法務(顧問)について

    私たちが生活をする資本主義社会では、個人や企業が様々な財産やサービスについて取引を行います。 そして、...

  • 社外取締役とは

    社外取締役とは

    近年、「社外取締役」が注目を集めています。 社外取締役とは、ある企業の取締役会等を監視し、外部の視点...

  • 任意後見契約

    任意後見契約

    ■任意後見とは 任意後見制度とは、将来自分の判断能力が不十分になったときに備えて、任意後見人を契約によ...

  • 争訟

    争訟

    争訟とは、法的手段を用いることで紛争を解決する手段のことです。 具体的には訴訟を行い、裁判で争うことを...

  • mboとebo

    mboとebo

    MBOとEBOという言葉を聞いたことがありますか。 MBO(Management Buy-Out)と...

よく検索されるキーワード

ページトップへ